製品情報

真空式ドラムドライヤ

  • 特許 第2641379号
  • 特許 第2641378号
真空式ドラムドライヤ VD-1020型

真空式ドラムドライヤ VD-1020型

真空式ドラムドライヤとは、通常の常圧式ドラムドライヤのメカニズムを、真空チャンバーの中に組み入れ、機能上減圧状態にて連続運転を可能な形にしたドラムドライヤのことをいいます。

当然、減圧運転でございますので、本体に付帯する機器が重要な役割を果たすことはいうまでもありません。 乾燥が低温で行われるため、熱源も低圧のスチーム、または、温水という場合が多くなります。

特 長

カツラギ工業は、永年のドラムドライヤの実績、経験から、真空式にすることにより、困難とされた種々のメカニズムの問題点を克服して、ここに実プラントとして真空式ドラムドライヤ乾燥システムを完成しました。

  • 低温で乾燥するため、熱分解の防止、及び、品質向上が期待できる
  • 乾燥と同時に溶剤が回収できる
  • 低温のため物質の物理変化等がさけられる

テスト機

真空式ドラムドライヤは、テストにより処理物の性状確認は必ず行う必要があります。

弊社には、下記仕様のテスト機を常備していますので必要に応じてテストを行い設備計画を御提示できる準備をしております。

型 式 ダブルドラム型
サイズ φ160×200L (表面積 0.1m2×2本)
操作圧力 15 〜 50 Torr
回転数 0.6 〜 6rpm
電動機 0.4kW サイクロ減速機 (インバータ制御)
材質 SUS304 + 硬質クロームメッキ
熱源 蒸気または温水

カタログダウンロード

※PDFファイルをご覧になるには、最新版のAdobe Readerが必要です。上記のサイトより無料ダウンロードできます。

ページトップへ